ルアンパパーン in ラオス

f0136227_22291961.jpg

2年ほど前の事ですが、会社を転職する前に3ヶ月ほど海外をぶらぶらしてた事があります。
せっかくブログを始めたので少しずつ写真を放出していこうかなぁと(`・ω・´)

今回の日記は、ラオスのルアンパパーン。
ルアンパパーンは、町全体が世界遺産に登録されている街で、ラオスの古都の雰囲気とフランス植民地時代の面影が混在する独特の空気に包まれてます。

タイみたいに観光色が強くなく、のんびりとしたラオス人の笑顔が集まる素敵な町です。

一枚目の写真は、朝6時前後になると街中で見られる托鉢の姿。
ご飯や、紙幣、みかんなどの果物、お菓子等思い思いのものを全員のお坊さんに渡しています。



f0136227_22301639.jpg

この写真は、数百メートルほどのメイン通り。
写真の先に行くと長期滞在している白人達が集まるレストラン街になりますが、
やっぱりのどかである事には変わりが無いですね(`・ω・´)


f0136227_22313086.jpg

ふと一本道を外れればまた一気に雰囲気が変わって、
ラオス特有のお寺が並ぶ町並みを普通に闊歩しているお坊さん達。


f0136227_22391647.jpgf0136227_2239153.jpg


これがラオスの首都ビエンチャンからルアンパパーンに出ているバス。
ルアンパパーンは、ビエンチャンからバスで所要10時間程度(450円程度)
昔、バスが襲われて外国人旅行客などが死亡する事件などがあったからだと思いますが、
マシンガンを持った人も一緒に同乗してました(`・ω・´)



そして・・・


f0136227_22423575.jpg


壊れるみたいな( ̄Д ̄;)




予備のタイヤが落ちたようで1時間ほど足止め。

海外で陸路を長距離移動すると必ず何かが起こります。
1度目タイ~カンボジア移動で、ライトが壊れ2時間足止め。
2度目はベトナム内で移動中にエンストで1時間足止め
3度目はカンボジア~タイ移動中にエンジンが落ちて4時間ほど足止め(ToT)
・・・でも、本当にすごいのはエンジンを持ち上げて、自分達で車を治しちゃいました( ̄Д ̄;) マジデ・・・


ちなみに、国内線でもいけますが、外務省が注意喚起(危険度1)を出してるそうで、
離陸すると機内に白い煙が充満するなどネットにうわさがちらほら。
でも、行きはバス、帰りは飛行機でしたが、それほどのひどくはなかったですよ。
(落ちない保障はないですが・・)



そして・・・



f0136227_22473531.jpg



街中でもやっちゃってるみたいな( ̄Д ̄;)





それでは、托鉢の話題に戻って

f0136227_22483166.jpg

こんな子供達も托鉢をしてます。


タイ、ラオス、カンボジアのお坊さんは、勤勉な方が多く英語も話せるのでよく喋りかけてきたり、喋りかけても気さくに色々話を聞かせてくれます。
下の写真は、ふと寄り道したお寺で英語のお勉強をしていたお坊さん。となりにはパソコンの勉強しているお坊さんもいました。
お寺に飾ってある去年一位を飾ったボートの話や、ルアンパパーンのこととか色々教えてくれた素敵なお坊さんとのツーショットです(`・ω・´)

f0136227_22503456.jpg


ルアンパパーンは本当に素敵な街で、またいつか行きたい場所のひとつですね♪



にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングというのに参加しました。一日一回ポチッとクリック♪(⌒∇⌒)ノ
でも、その後戻っておいでね(`・ω・´)

ブログトップに戻る

[PR]

by HideAndSeek4ever | 2007-05-06 23:01 | ラオス

<< 天使の笑顔 in ルアンパパーン 大好きな築地♪ >>